“ニッポンに詳しくなろう”を旗印にした、誇りある日本人のための志誌『Japanist』

小さなマーヤの哀しい踊り

小さなマーヤの哀しい踊り

「マヤのヤツにはマイッたなあァ…」
鯛山先生の声が聞こえてきそうです。

Contents

故・見川鯛山の長女・藤原万耶が描く、
ちょっぴり懐かしくて、哀しくて、それでいて心暖まる物語。
父・鯛山と母・和代のあけすけで豪放な暮らしぶりが、
小気味よく活写されています。

■本商品は送料無料でお届けいたします
※送料の発生する商品と同時購入の場合、所定の送料がかかります


【タイトル】小さなマーヤの哀しい踊り
【著者】藤原 万耶
【定価】1,029円(税込)
【仕様】A6判 ソフトカバー 130ページ
【刊行】フーガブックス
  • 1,029円(税込)